精神疾患から身を守るために

精神疾患から身を守るために

 精神の病になり、自殺を選ぶ現実があります。私のまわりで、少なくとも二人は自殺を選びました。薬が効かない、副作用がきつい、医者は患者の立場で考えない、周囲の理解が無い、人生の破滅、多くの根拠を抱えて数年経過しますと、自殺願望が増えていきます。この自殺願望は脳内部の物質が異常になることによって、つまり、服用している薬によっても自殺願望が高まっていきます。それは私自身が経験しており、自殺未遂があったことを明言しておきます。この原因と解決方法について、考えてみませんか?

1.精神の病、そのメカニズム
<1.1 原因>
 人間の脳内では、無数の神経細胞がネットワークを形成しています。そのすべては一気に状況が反映されることはありません。わずかに、少しずつ反映されていきます。だからこそ、精神薬は長い期間にわたって飲む必要があります。気分が一気に悪くなることはなく、少しずつ悪くなっていくのです。

 アスコルビン酸(ビタミンCの正式名称)は熱に弱いと聞いていませんか。加熱する料理、電子レンジで温める、濃縮還元(加熱して濃縮)ジュース、また外食の多くは加熱しています。これらの食事を続けますと、脳内部へ反映されるアスコルビン酸(ビタミンC)は、効力のない状態で神経細胞に届くのです。役に立たないビタミンCを私達は取り続けているのが現実です。

 興奮状態になりますと、アドレナリンが分泌されると教わったでしょうか。分泌後、神経細胞にて血液中の酸素と酸化します。ここから先、多くの現象が起きた後、最後にはアドレノクロームという物質に変わります。体が処理しきれない過剰なアドレナリンが分泌されるとアドレノクロームが生成されます。LSDに似た幻覚物質で、被害妄想、幻聴、幻覚を引き起こします。

 この状況が起き続けることによっても、健康でいられる人は多いのですが、これが数年以上にわたって、脳の神経細胞がアドレノクロームを抱えた状態のままになりますと、精神の病を発症するのです。

 しかし、アドレノクロームは脳内部で十分なアスコルビン酸がありますと、別の安全な物質「ジヒドロオキシインドール」が生成されるのです。このアスコルビン酸の補充方法は後述します。「ジヒドロオキシインドール」はネット検索しても、精神疾患と関係している記述を見つけられませんでした。

<1.2 医療体制>
 多くの医療機関では、ビタミンC欠乏状態まで考えていません。しかし、処方される薬は体内の食事が安定していることが条件となっており、特に脳内部のビタミンCは十分でなければ効かないメカニズムの薬がほとんどです。アドレノクロームを安全な物質へ変える作用が起きる条件下でなければ、精神薬を多く飲んでも、副作用に苦しむだけで、効果は得られないでしょう。

 医療関係者は、アドレノクロームという言葉を知らない人が多く、最優先に考慮すべき対策をなにも知りません。原因として、教科書に精神薬が効く最低条件が記されていない可能性があります。また医学の書籍で論じられることもありません。当たり前でしたから、それが伝えられなかった可能性があります。

<1.3 私の立場>
 私の祖父は京都帝国大学医学部を卒業した医者でした。現在の京都大学医学部です。祖父はいつも「医者の言うことは100%信じるな」と言っていました。医者でありましたが、自宅に医学書は一冊もありません。
 「福井 透 著 薬剤師がすすめるビタミン・ミネラルの使い方」
 「溝口 徹 著 『脳から「うつ」が消える食事』の資料一部」
 「エイブラハム ホッファー 原著 統合失調症を治す—栄養療法による驚異的回復!」
があるだけです。他の医学関係は立ち読みで済ませました。

 受験戦争を勝ち残って中部大学へ入学した1年目から異変が起きました。今ではビタミンC欠乏が起きたと分かります。体育会系の学生寮であったこともあり、加熱した料理が中心でビタミンCを得ることはありません。1年目から重ストレスになり、2年目からは講義を終えて教室をでると講義内容を思い出せない記憶障害が起きていました。それだけでなく、被害妄想もありました。いじめられている気分があり、講義を欠席していました。4年半、大学へ通いましたが治らないため、中退しました。

 社会人となり、大手企業でサービスエンジニアとして働いていました。重ストレスの仕事内容ですが、うまくこなせていました。問題が起きたのは、実家の食事をほとんど食べない状況になったとき、症状が再発したことでした。特に、りんごやミカンを食べない状況となったときから、おかしくなったように思います。5年目になったとき、目の奥が痛い(重度の偏頭痛)、痛みで寝付けない(不眠症)、悪口を全員が言ってる(被害妄想)、この状況へ陥りました。仕事を続ける事が困難でしたので、辞職しました。

 その後、リフレッシュ。宮古島でスキューバダインビングのインストラクターコースを受講しました。泳力が無いために挫折しましたが、日焼け予防でアスコルビン酸4gを水2Lで溶かし、1日かけて飲むというテクニックを教わりました。

 それから岡崎市の「心療内科」で多くの精神薬を試していきました。でも、薬の効果というのは、まったくなく、ビタミンC補充後、睡眠薬とリスパダール錠が効くだけでした。

2.脳内部へビタミンCを補充する方法
<2.1 ビタミン補充法>
 不眠症、偏頭痛に効果あります(重くても改善します)
 脳内部のビタミンC欠乏によって、偏頭痛、不眠症が起きているのであれば、薬をいくら飲んでも改善しません。目の奥が痛いのも偏頭痛です。発生根拠であるビタミンC欠乏を回避すれば、偏頭痛や不眠症は重くても簡単に改善します。私は15年にわたり、悩む患者でしたが、この方法を見つけて実践したところ、偏頭痛や不眠症は起きなくなりました。でも、医者はビタミンC欠乏の可能性を指導できません。保険外治療になるためです。

 私が様々に試していった結果、アスコルビン酸は粉末である原末に限ります。そして、重要な量は必ず1グラム未満でなければなりません。これが多いと脳内部へ吸収される状況にはなりません。2時間程度で、効果を実感できます。

【用意するもの】
 水道水(常温であること) 地域によっては、ミネラルウォーターを選択して下さい。
 コップ(常温であること)
 アスコルビン酸 原末 100g 1680円 (ビタミンC粉末、涼しいところへ保管)

【用法・用量】 1グラムですので、栄養学の範囲です。
 一回量 (500mgから)1g (付属計量スプーン 一杯、多くてもダメです)
 コップへ、アスコルビン酸 原末を入れて、勢いよく水道水を流し込みます。
 それを胃へ落とそうとしないで、口のなかで浸透させるようにして飲みます。

※付属計量スプーンは計量だけに、水分がありますと、次回からビタミンCが固まります。
※1000mg=1gです。この量は厳守して下さい。効果がありません。
※脳内部への吸収は、口の中から吸収されませんと、吸収率が極端に悪くなります。
※錠剤やカプセルなどは、胃の中へ落ちてしまい、効果はありません。
※熱を加えた状態では、脳内部でビタミンCとして、効果はありません。
※脳内部への吸収率は、この方法でも、1%未満です。

一週目、毎朝に飲んで下さい。欠乏している可能性が高いからです。
二週目以降、月曜日に飲んで下さい。週に1度で十分です。

【コストパフォーマンス】
 この方法は、一人あたり、一年で2000円未満となります。100g 1,680円で、アスコルビン酸は湿気やすいので、100gを買い求めて下さい。

<2.2 重傷である場合>
 薬が効きにくい場合や自殺願望がでてくるときに効果あります
 特に自殺したくなる気分になりやすいのであれば、ナイアシンアミド(ビタミンB3)は非常に効果を発揮します。自殺願望は幻覚のひとつです。統合失調症の治療薬は幻覚を抑制しますが、場合によっては幻覚を引き起こしやすい体質を作ります。この状態に陥ったとき、手を打たないでいると強烈な自殺願望が幻覚によって引き起こされ、自殺が嫌でも自殺が最良と思えてきます。この幻覚を抑える薬はありません。

 これはホッファー博士が1965年頃に発表したビタミンによる治療法です。私が多くの統合失調症の治療薬を試して、まったく効かないため、これを試したところ、完治といかないまでも、95%程度の治療状況を実感できました。アスコルビン酸も同時に飲まなければ、脳内部のビタミンC欠乏が発生して、さらに悪化しますので注意して下さい。

【追加で用意するもの】
 ナイアシンアミド 500mg 、(高価ですがタイムリリース型は副作用が起きにくい)
 日本から買える最も安いメーカー http://www.puritan.jp/
 タイムリリース型は楽天市場などで探せば売っています。

【用法・用量】
 一回量 アスコルビン酸 1g、ナイアシンアミド 500mg
 毎日、朝と晩に飲みます。少なくとも1年半続けます。不快感があるときは減量・中止。

<2.3 改善後の方法、一般向けの予防方法>
 精神薬が効く前提の体調へ安定化するので、薬を最小限に抑えられます。また、これを飲んでいれば、食事のアンバランスはかなり無視できます。

 Puritan's Pride, Inc. このピューリタンズプライド日本語オンラインショップで販売している、「コンプリートワン」、タイムリリース型のマルチビタミンを飲むことです。他にも探しましたが、これ以上に安いメーカーはありませんでした。http://www.puritan.jp/

【用意するもの】
 コンプリートワン 60錠、3個セット注文時 2,145円 送料750円 (半年分)
 値段は為替相場で左右されます。

【用法・用量】
 一回量 コンプリートワン 1錠(鉄分配合)
 毎日、起きて1錠だけ飲みます。タイムリリース型ですので、血中濃度がフラットです。

 重症化していない場合に限ると思います。前述の方法で、精神状態が安定するようになれば、処方薬の補助ビタミンとして飲みますと、非常に心地良く精神が安定します。悪化した人は用心して、毎週、アスコルビン酸 原末を飲み続けて下さい。

3.最後に
 精神科医、薬剤師、栄養士、医療関係者は脳内部のビタミンC欠乏で起きる精神疾患で、自殺者が多いことを知りません。ビタミンC欠乏が悪化しますと、精神科や心療内科では「統合失調症」と診断されることがあります。ビタミンC欠乏を疑わないままに、統合失調症の治療薬「リスパダール」「ジプレキサ」「セロクエル」「ロナセン」を処方しても、効果はありません。効かないからと複数の薬を処方して、医者や家族からは治ったように見えているだけです。実際には、きつい副作用で苦しんでいるだけですので、その結果から自殺を選んでしまいます。

 これは普通の人でも効果があります。若い夫婦は加熱する料理が中心となりやすいため、ビタミンC欠乏が起きやすく、夫婦喧嘩が起きやすいですし、離婚に発展しやすいでしょう。喫煙者もまた同じです。脳内部へビタミンCが補充される条件が揃わなければ、タバコを吸っても永遠にイライラする毎日が続きます。それがヘビースモーカーの実態です。買い物依存症もまた、ビタミンC欠乏が原因と考えられます。親子喧嘩が多い家庭でも、ビタミンC欠乏が疑われます。アスコルビン酸 原末によるビタミンC補充法を用いれば、必ず改善します。

 テレビ番組や多くの教科書は、情報が古すぎるか、明らかに隠蔽しての医師か、正しくない方法を盲目的に試させるのでなく、食事が問題ですと、はっきり言い切るべきです。しかし、果物は高く、貧乏人には手が届きません。アスコルビン酸 原末であれば、年に2000円未満で済みます。私の父は飲んでから、イライラしている様子が、すぐに温厚な様子へと変わりました。多くの知人へ試してもらって、結果がありましたから、知ってもらいたくて書きました。

 この事実を知ったら医者は動けるかといえば、保険外治療になるため、患者へ指導することは絶対にありません。患者が賢くならなければなりません。会社の同僚、知人、友人、知らないようでしたら、これで良くなるかもしれないと試してみて下さい。

4.参考文献
[1]. 福井 透 著 薬剤師がすすめるビタミン・ミネラルの使い方
[2]. 溝口 徹 著 『脳から「うつ」が消える食事』 2010 の資料一部
[3].エイブラハム ホッファー 原著 統合失調症を治す—栄養療法による驚異的回復!