写真芸術作品

dcds_sign.jpg

 あなたはただ、メモ帳に後世に残したい写真のファイル名だけを記録しておけば良いです。大文字小文字は区別しません。このソフトは端的に言って、デジカメプリント屋をつぶします。現在の家庭用プリンタ事情は業務用のプリンタと比べ、遥かに高品質のプリントを可能としています。ただ印刷するソフトが多くの印刷をするカメラマンにとって、好都合のものではありません。いまのプリンタは驚くほど完璧に色が合うように設計されています。特にエプソンの最も高価な家庭用プリンタは、環境光に左右されないCMYKの混色で色が再現されます。そのため、環境光の調整が無くても、色の正確さを常に知っているカメラマンにとっては満足いく品質になるのです。

 このソフトはニコンD4/D800EとエプソンPX−5V、及びカメラのバックアップを併用した印刷環境です。この環境で検証が行われました。印刷プレビューを行うという段階までの検証ではクリスピアレベルの最高品質モードでA2出力ができることを確認しました。大判プリンタを所有してないので、実際の印刷がどこまで可能なのか分かりませんが、800dpiで用紙サイズA1とB1まではソースコード上では可能になっています。ブラックの消費量は2倍以上に増えるので、あらかじめ2カートリッジ以上のブラックを保有しておきましょう。

 ファイル名さえ正確に分かっていれば、ハードディスク全体に対して、検索するのも可能です。それはWindowsの検索よりも断然に速く高速です。カメラのバックアップを使用していればXML情報にアクセスするので、もっと高速に動作します。(A2C_6542.jpg であれば、「A2C_6542」です)

このソフトは親孝行の為に作られました

 開発者は父からフォトショップが使いにくいから、代わりになるものはないかと問われ、それならすべて自分で要求された仕様を完全に満たすアプリケーションを作りました。それで「カメラのバックアップ」は作られました。このソフトができることはフォトショップでも可能です。でも簡単ではありません。非常に難しいと言った方が正しいでしょう。ましてや、真似事程度のものはできても、完璧なものは作れません。レイヤーにレイヤーを重ねて拡張してと、かなり面倒です。このソフトはフォトコンテストに入賞することを目的に作られた父の希望をかなえたソフトウェアでした。