Bug head

Bug head

一般の音楽再生ソフトは飽きたサウンドになったのなら、冒険してみよう!

bughead_5.png

Sound processing technology


By not the result of a DAC, consider the state of the sound waves in the air, I have established a sound processing technology and back-calculated from the results. In the terminology of the Japanese audio, I can not be explained without the use of words recreate the sound, and digitally remastered. Please understand that even if the re-sampler from the definition, can not be called a resampler.

Than to calculate the frequency domain to revive the lost, improved sound quality of compressed music such as, M4A MP3 is remarkable, I was able to achieve a higher quality of sound. You will be surprised that if the good recording situation, you may be surprised at the sound more than the impression of the CD. Been extinguished in particular the characteristics of the microphone, the original sound of the instrument can be realized and the singer.

Sound engine is developed by me. The operator does not need that much precision 128-bit, I have realized this sound. High-quality sound with "GREEN / TESTER / RED / BROWN / WHITE" first generation. Crystal-clear sound with "BANANA / BLACK" second generation. I have developed in this assumption.

音響処理技術

 私はDACの結果でなく、空気中の音波の状態を考える事によって、結果から逆算して音響処理技術を確立しました。日本語のオーディオ用語では、音を作り直す、デジタルリマスターという言葉を使わなくては説明できませんでした。リサンプラーの定義からしても、リサンプラーと呼ぶことができないことを御理解下さい。

 MP3、M4Aなどの圧縮された音楽の音質改善が著しく、失われた周波数領域を計算で復活させるよりも、さらに高音質の音を実現できました。録音状況が良ければ、CDの印象を上回る音に驚くかもしれません。特にマイクの特性を消滅させて、歌手や楽器の本来のサウンドを実現できることに驚くでしょう。

 サウンドエンジンは独自開発です。128ビットという必要ないくらいの精度で演算して、このサウンドを実現しています。第一世代は「GREEN/TESTER/RED/BROWN/WHITE」で高音質サウンドを目標として、第二世代は「BANANA/BLACK」で透明感あふれるサウンドを目標として、開発しました。

独自に考案した音響処理技術の発明であるため、すでにある音響処理の教科書の定義を使っての説明ができません。マルチスレッド(複数コア)で動作しますが、その1コアはCPU使用率100%のままになるので、デュアルコア以上のCPUを推奨します。コアの使用量は調整可能です。

In Japan, this software is now supported from audiophile. Sound source with respect to the base CD in particular, this software has been recognized as one of the world's best sound. It has been evaluated for the audio system to be $ 10,000 or more, it's great.

Have fun, thanks.

for Audiophile

required WASAPI or ASIO2 driver and DAC device
required 44.1kHz x2 or x4 mode need 88.2kHz or 176.4kHz
required 48.0kHz x2 or x4 mode need 96.0kHz or 192.0kHz
required SSE2 CPU
required Memory space 1400MB over

recommend Product
"JAVS X-DDC Plus" in ebay.com. best USB-DDC

推奨利用環境

整数倍対応とハードウェアリクロック

 Bug headは整数倍の88.2kHzと176.4kHzの出力対応、ハードウェアリクロックの環境が揃っていないと、歪んだ音になり、聴いて楽しめるサウンドにはなりません。発表当時は、推奨できそうな環境がなかったので、アイジオ(izo)のアンプを推奨してきました。

 従来の音響処理理論とは違う発想で、サウンドエンジンを作り上げましたので、リクロックがハードウェアで搭載されていないと、音の波形が歪むことによって、こちらが想定したサウンドにはなりません。

周波数特性 35kHz以上のヘッドホン

 35kHzの音は聞こえないと言われるのに必要な理由は、高い精度の時間軸で音波を作ろうとしますと、振動板がきめ細かいタイミングで振動できるように作られていなければなりません。音は聞こえませんが、音波のタイミングは細かい精度のほうが良いため、可聴域を超えた45kHz対応ヘッドホンがあるのです。

できるだけ休んだあとに聞いて下さい

 最初は慣れないために、かなり疲れます。疲れているときに音楽を聞いても、あまり良い感想にはなりません。できることなら、よく寝て、またはちょっと休んで、それから聞きましょう。各モードの違いは、それぐらい繊細な差しかありません。

アップサンプリングの手法

Bug head Technologyを読んで下さい

 Facebookへ技術解説コーナーを作りました。開発にあたって、いろいろな葛藤についても書いています。投稿した日付によっては、精神的に不安定になっていますが、病気があるので、優しくして下さい。

Core i5 4670を想定環境にしています

 基本モード Green, Tester, Red は、多くの環境で性能不足になりませんが、Black や Self sound optimizer のモードでは、少なくとも Core i5 4670 3.4GHz 以上の性能がなければ、1分以上リアルタイムに聞けません。メモリは8GBを推奨します。

Bug head 推奨 USB-DAC

Bug head の推奨 USB-DACは、開発環境で品質チェックに利用している izmo M1-z です。モバイル向けのヘッドホンアンプですが、十分にデスクトップで利用できます。Bug head との併用で、価格以上のパフォーマンスを実感できます。他のメーカー製品を買う場合は、この品質を超えるようなものを揃えて下さい。

Green x4

4倍アップサンプリングです。一番、原音に近いモードですが、一般のアップサンプリングとは違う手法で、補間値をセットしています。どのように違うのかを言葉にするのは、難しいです。補間値が違う、整数倍アップサンプリングしてる、この2点しか特徴的なことはありません。

Tester x4

このサウンドはBug headで最も厳しい音源です。あり得ない補間値セットにより、音を根本的に心地よく聞かせる、無作為なサウンドです。どんな音になるのか、想像できません。慣れないと、SACDより、CDのTesterのほうがより良く聞こえたり、不思議状態になります。また、Testerに関しては、DACの性能によって、音がぼやけたりしますので、オーディオのサウンドチューニングに向いています。環境が良ければ、常用できるモードでしょう。

音が歪みますが?

調整が必要です

Bug LVを下げるか、音量を下げて下さい。出力がレベルオーバーしているのが原因です。音源によって、どの程度のレベルオーバーが起きるか予測できませんので、利用者側で調整しなくてはなりません。Black15 x 1 で、Bug LV 5ならば、音量は[10]が適正値となります。作者はいつも歪んだ状態では聞いて確認していませんので、歪むと悩む前に対策をして下さい。

すぐに再生されませんが?

演算時間が必要です

従来の方法とは異なる手法で高音質を目指しています。一般的な Core i5 4670 3.4GHz 定格であれば、15秒程度の演算時間が必要です。